医療控除の対象

インプラント治療も医療費控除の対象になります。

医療費控除というものをご存知でしょうか。これはその年の1月1日から12月31日までの1年間に10万円以上医療費を支払った場合に税金の一部が還付される仕組みのことをいいます。 インプラント治療も決して安い治療ではありません。1本の歯をインプラント治療するのに30万円から50万円位かかるとも言われております。インプラント治療も医療費控除の対象になりますので税務署へ行って申請をするといいでしょう。申請時には領収書が必要となりますので、歯科医院でもらった領収書は大切に保管しておきましょう。 もし申請を忘れたとしても過去5年前までさかのぼって申請することが出来ますので古い領収書も捨てずに保管しておくことが大切かもしれませんよ。

夫婦などで医療費控除を申告するときのポイント

インプラント治療などで1年間にかかった治療費が10万円を超えた場合、医療費控除が受けられます。控除を受けるときには税務署へ行って確定申告をする必要があります。 医療費控除を受けるときのポイントとして夫婦で共稼ぎで妻が不要から外れている場合でも生計が一緒である場合には二人の医療費を合算して夫婦どちらかで申告することも可能であります。また一人暮らしをして別に暮らしていても生計が一緒である場合でも同様です。そのような場合には領収書を一緒にまとめておき、更には医療費ノートを作っておくと便利でしょう。ノートには治療を受けた日付や人の名前や支払先や支払金額をつけておくと申告するときにわかりやすくなると思います。また所得が多い人が申告したほうが戻ってくる額も高くなるようです。